管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
タイ最大規模のウィークエンドマーケット
 

昨晩、夜遅くにバンコクに到着したので、実質今日からバンコクで始動です。今日は毎週末だけにチャトゥチャック公園で催されるディマーケットに出陣してまいりました。ここは衣服や雑貨のみならずインテリアやペットに至るまで、あらゆるものが売っています。

1万店以上もの店がひしめき合っているので、全部回るのは到底無理ですが体力の続く限り歩き倒しました。ここでは、あまり私の仕事で求めるものはあまりなく、お土産と少し自分のものを購入。2点程ご紹介。

今回、荷物を最小にすべく殆ど服を持ってこなかったので取りあえず、こっちで着用する為のTシャツを2枚購入.

左:デザインTシャツ
(225バーツ/約607円)

右:金鳥の面白Tシャツ
(150バーツ/約405円)

これがなかなかど〜して、細身で作りのいいシロモノでした。早速明日から着用します。

| 気ままに気紛れ放浪記 | 02:51 | comments(2) | - | - |
青丹よし☆鹿とせんとくん
せんとくんやら、まんとくんやら、ナーム君やら…
気持ち悪いだの、バチあたりだのと散々叩かれた
彼ではございますが、それが功をそうし?
今ではすっかり人気者、その存在たるや全国区。
無論、お土産はせんとくんグッズです。

そう言えば、まんと君はちらほら見かけたけど、
ナーム君は全くもって見かけなかった。
出没場所が全く異なるのかしら…。
もしくは思いっきりコケた?!
知らないとこで活躍はしてらしゃるかもだけど。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

なんしか、ひこにゃんを凌ぎ?日本で最もメジャーになったマスコットのせんとくん。
中でもお気に入りが奈良で至る所で見かけた、下記の超イケてるポスター。



これ壮大で素晴らしいよね。まさしく美しき青丹よし!この威風堂々たる鹿の姿(笑。



このポスターのカメラ目線の鹿の顔ったらないワ・・・ククククク。゚( ゚^∀^゚)゚。
| 気ままに気紛れ放浪記 | 12:22 | comments(0) | - | - |
青丹よし☆天平の美少年・アシュラ
私は流行りにのった「仏女」ではない!!!
奈良で東大寺、薬師寺と並び最も有名処の一つといって過言でない五重塔で有名な興福寺。今ではあの仏像ブームの火付け役となった、阿修羅像の方が興福寺の顔。今回、もちろんツアーの中のパックになっておりました。

昨年、東京国立博物館「国宝・阿修羅展」が開催され、展覧会入場者数ランキングの1位に輝く大盛況。

すると阿修羅がイケメンだとかと嘯かれ、仏像好きの若い女性が急増。挙句「仏女」等の流行語が…><。

そのお陰で、私も「仏女」と勘違いされ、とっても心外、そして軽く迷惑(#`-_ゝ-)。そもそも仏女が登場する前からの事だし、何より私は仏教美術や思想や哲学、特に空海という歴史上の人物にインスパイヤされているのであって、全然違う〜!・・・あ、別に「仏女」を中傷してるワケでないヨ。私とのスタンスが違うって話しね。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

まぁまぁ、そんな事はさておき、この阿修羅にファンクラブたるものが存在するのをご存知でしょうか?会長みうらじゅん、そしてミスター阿修羅(?なんのコッチャ)高見沢俊彦を中心に活動しているようで、何と公式ソングまで…。

これには流石にタマげた…。そもしも阿修羅をイケメンだとか、別名天平の美少年だとかと持ち上げた、このブームの仕掛け人は一体誰?!その手腕に感心するわ〜。このファンクラブにご興味のある方は、右写真をクリックしてね。
| 気ままに気紛れ放浪記 | 17:55 | comments(0) | - | - |
青丹よし☆ひさかたの雨も降らぬか
ユネスコ世界遺産登録の薬師寺でござい!
世界遺産に登録されている、薬師寺。南都六宗の一つ「法相宗」、日本人にも聞き馴染みの深い「玄奘三蔵」によって伝えられた宗派です。

平城遷都の際に今のこの場所に移されたんだそうで、ここも今回の平城遷都1200年祭に深く関わる寺院でございます。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

白鳳伽藍に入ると右には東塔、左には西塔、真っ直ぐ中央に金堂が聳え立っております。そして、白鳳伽藍を突っ切って更にその奥には、玄奘三蔵院伽藍があります。

特に金堂の薬師如来、そして日光菩薩、月光菩薩が艶やかです。
さすがに、薬師寺伽藍は広く見所は沢山あります。拝観には1〜2時間は欲しいところかな。


☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

この薬師寺には猪たる所に蓮の鉢が沢山置かれており、今花盛りでそれも見所の一つでございました。先日アップした蓮の花はこの薬師寺の蓮。しかし、蓮は花もさることながら、葉も素晴らしい。まるで水滴が宝石のようでござんせんか(*´ェ`*)




万葉集から、蓮の詩をピック。

ひさかたの雨も降らぬか蓮葉(はちすば)に
溜まれる水の玉に似たる見む


「雨降らないかなぁ。蓮の葉に溜まる水が玉の様になるのを見たいなぁ。」
って意味です。風流だねー粋だねー美しいねー。
| 気ままに気紛れ放浪記 | 13:16 | comments(4) | - | - |
青丹よし☆あじさいの矢田寺大門坊
別名「あじさい寺」とも
ツアーの最後は金剛山寺、通称矢田寺でございました。因みに高野山真言宗のお寺でございます(´∀`)。いま、まさに紫陽花が見頃の時期を向かえ満開。約8000株、60種類もの紫陽花は圧巻。紫陽花の森と言われる所以に納得。

この寺は、山の中で結構な石段を上がって行かなければなりませんので、結構な体力を要します。
あと、強烈に蚊が多いのでご用心。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

たくさんの紫陽花の写真を撮りました。



数々の写真のお披露目はまた後日。

| 気ままに気紛れ放浪記 | 12:45 | comments(2) | - | - |
青丹よし☆せんと君には会えなかったけど
あんた誰よ
毎日、一定の時間にせんと君は交流広場に登場するんだけど、今回は時間が合わず会えずじまい。

だけど「はち丸」とタスキがけしたキャラがウロウロしてたので、ここぞとばかりひっ捕まえて記念撮影。

しかし、はち丸か…。

って、誰っ!?

ちょっと可愛いし。
| 気ままに気紛れ放浪記 | 10:29 | comments(4) | - | - |
青丹よし☆平城遷都1300年祭・大極殿
コスプレたったの300円
6月20日の日曜日、梅雨真っ只中の危うい天候ではありましたが、何とか終日雨に降られる事無く、平城遷都1300年祭をはじめとした奈良・大和路巡りツアーを満喫して参りました。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡



平城京の再現は建造物というより、このただっ広さの再現もウリなのかも?でも、何もイベントごとがないと、ただただ広いだけの野っぱら。今度来るときは、何か催しをやってる時がいいかも。

天皇が見ていただろう大極殿から見渡せる景色。向こうに朱雀門が見えます。

周辺には現代の高い建物がないのがスゴイ。これぞウリなんだろうなぁ。きっと1300年前と近い景色なんだと思う。

皆の者見よ!あれぞ
天皇がおわす大極殿なるぞ!


おのぼりさんモード丸出しで、天平衣装体験をば(´,_ゝ`)。こちらのコスプレは1時間でたったの300円。やす〜い♪この時代の服の方が着物よりも気軽で合理的っぽいような気がする。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

ツアーだったし、時間も限られていたので「せんと君」が登場する時間も合わなかった(ノ I `。) 。秋くらいに何か祭りやイベントやってる時に再度ココはリベンジするもんね。
| 気ままに気紛れ放浪記 | 13:22 | comments(0) | - | - |
青丹よし☆奈良の鹿と…
フンフンフーン、黒豆よ〜♪
 思いっきり、腰が引けてビビリまくりの顔で写ってます。
 近づくと鼻でアタックされ「ギャっ!」と思わず声を上げてしまいました。
 とても可愛い顔した大人しい鹿です。でも怖いです。
| 気ままに気紛れ放浪記 | 23:03 | comments(6) | - | - |
世界最速リニアモーターカー!!
上海トランスラピッド
この前の中国旅行で、話題のリニアモーターカーに乗った。
磁気浮上式リニアで、現在はこの上海トランスラピッドが世界最高速の
な、な、なんと430km!!!

車内はかなり揺れてたのでちょっとぶれてるけど、
430km超えの記念写真はこれだっ、1,2,3↓↓




時刻は、16:03:49 時速431km

正直なトコ、ほ、ほんまかいな〜!!だった。
だって、殆ど建物がないただっ広い荒野を走り抜けてたので
体感速度は新幹線とあまり変わらない?って感じだったから((^┰^))ゞ

| 気ままに気紛れ放浪記 | 14:02 | comments(6) | - | - |
摩天楼の上海
様々な文化様式が入り乱れる街
上海に到着した夜、遊覧船にのって上海の夜景を堪能しました。さすが広い広い大陸中国で一番の大都会の上海。強烈な高さの高層ビルが立ち並び、今現在の中国のパワーを見せ付けている。

光り輝く街の筋違いの道ではこんな景色はザラ。生活水準がぐっと低いであろう人達の集落、そして人通りが多くなろうであろう通りは、今年、国をあげてのBIGイベント、上海万博に向けて、立ち退きや立て替えなど、すごいピッチで至る所で執り行われている。

昔の高度経済成長期の昭和30年代の日本もこんな感じだったのかなぁ。
| 気ままに気紛れ放浪記 | 10:45 | comments(0) | - | - |
<<  |  2/4  |  >>