管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
APOLLO アポロ
なぜか、ドラム教室でアポロの練習をする事に…。
アポロってあのアポロかって?そう!アクエリオンの主人公のアポロくん!…ではなく、ポルノグラフィティのアポロ。ごめんなさいね、激しくツマらない事言って。軽くノイローゼなの。しっかしハンサムやな〜。ま、私は嫌いやけど(`L_` )ククク
皆様ご存知の♪♪ ボクっらが生まれてくる〜もっともっと前にはもぉ〜 ♪♪ 最近、サバンナの八木が、やたらオチなしでコレを唄ってるのがカンに触る( ̄-  ̄ )。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

そもそも、アポロをやり出すキッカケとなったのはアタシが原因。同じクラスに行ってる高校生のマルちゃんが「今度、友達たちとアポロをやるんですけど難しいと思いません?」とスコアを見せてきた。「先生に叩いても貰ったらええんちゃうん?コツとか教えて貰ったら?」と提案。でも、大人しいマルちゃんは言い難そうだったので「私が頼んだるわ。」とお節介。

私たちの先生は口が少々悪いイラチのオッサンだけど、心根はエエおっさん。それに当然の如く腕はピカイチ。何より私が先生の演奏を聞きたかったからに尽きるんだけどネ。

快く引き受けて叩いてくれたのはいいけど途中で手が止まった先生。どうやらマルちゃんが持参してる譜面が読み憎かったみたい。んで、この教室にもアポロのドラム専用の楽譜があるからと引っ張り出してきて「どうせやったら、今日はこれ練習しよか〜!」

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

「え〜!いややぁ。」と反論したものの結局アポロの譜面を渡されみんなで練習することに。すると、どうだろう。別に好きでもない曲だけど、武者震いするほどめちゃくちゃ楽しんでる自分が居てビックリ。演奏って好き嫌いだけじゃないだと気がついた瞬間だった。

もちろん、私の脳や体との波長が合わない苦手な音楽や嫌いな曲は、やりたくないけど、好み以外の曲でも楽器を通すとことで、こんなに楽しめたりもするんだと改めて実感。私が追い求めてる音楽へのアプローチの術(すべ)が増えた感じがする☆やっぱドラムやってヨカッタ(=v=)♪

あんまり複雑じゃないし早いテンポでテクニックもいらないし譜面的には簡単なんだけど、なんせ読譜力がないので、目がついていかないのが口惜しい(ノд-。)。でもさ〜、まるまる1曲をこんな風にやり出したらマジでバンドしたくなっちゃうなぁー。
| MUZIK&D@NCE | 22:07 | comments(2) | - | - |
創聖のアクエリオン☆バンドスコア
簡単と思いきや、なかなかどうして…
バンドピース858 創聖のアクエリオン by AKINO私ってバカだなと思いつつ、買ってしまったアクエリオンのバンドスコア。まさかあるとは思わなかった…。因みにアマゾンで購入いたしました。

バンドピース858 創聖のアクエリオン by AKINO

まだまだではありますが、ドラマーのヒヨっ子のアタシ。やっぱ気になる曲はドラムパターンがちゃんと知りたくなる。ある程度は耳で拾えるけど、BASSドラはやはりスコアがないと。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

聞く限り、超簡単だろうって思ってたけどそうでもなかった。ちゃんと練習やったら出来る枠だけどね。本格的にやろうとしたらボーカル1人、ギター2人、キーボード2人、ベース1人、ドラム1人と結構な人数が必要。まぁ別にキーボードは1人でもいいけどギターはやっぱ2人欲しいな〜。

アクエリオン バンドスコア何方か、アクエリオンを一緒にやりませんか。キーボードとギターを募集しております。ちなみに、ギターはとっ〜ても簡単。ただ、キーボードはそこそこの熟練者でないと厳しそうです。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

私はドラム兼ボーカル…って言いたいとこだけど叩きながら唄うだなんて、とてもじゃないけどまだまだムリ。なので、ボーカル1本で!!
…何て言ったらドラムの先生や仲間に思い切り突っ込まれるな(笑。
| MUZIK&D@NCE | 21:06 | comments(6) | - | - |
2007年度・ベリーダンスの発表会
演舞
先週26日の金曜日、大阪の某結婚式場を借りてのベリーダンスの発表会がありました。昨年の小さな小さな舞台とは違って、大きく踊れるステージだったので、すごくやりやすかった。今回はなんと総勢200名近くの生徒さんが出るとの事で3部に分けての公演でした。

私は全身黒でのちょいハードな衣装。私の好きなジャンルであるトライバルの衣装を意識したんだけど、みんな色とりどりで、きらびやかな衣装の中だったから、返って目に付くのか1人だけ異色とか、違う空気とか突っ込まれまくり。だけど、半分はお手製でありあわせで作った衣装だったので、意外や意外にも好評でした。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

このショットを撮ってくれたのはYACCOさん。さすが高価な一眼レフ。とても綺麗に撮れてて驚いた。ハガラの動きがバッチシ撮れてるのが凄い!デジカメだと中々室内、しかも動いている被写体をココまでの味を出して撮影するなんて無理だろうなぁ〜。

ショーでは、終始わたしは笑顔というより笑ってた。今回は観客と目線が一緒で、どうせなら友達らの顔見ながら踊ってやろうと思ったから。せっかく皆を見てるのにあんまり反応してくれないのがウケた。案外、見るほうも照れるものなのか何なのか…。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

正直、色々あって気持ち的にもあんまり乗り気でない発表会だったけど、やっぱ結果的に楽しかったし、やっぱ何だかんだ言って踊りは好きだな〜と痛感した。

踊りをやってて何が一番嬉しい事かって言ったら人それぞれだろうけど、自分が踊ってることによって、楽しくなってくれたり、自分も踊りをやりたいって思ってくれる事。YACCO、YUKOちゃん、ほんまに始めてくれるのか(笑?



わざわざ来てくれた、集金係のNさん、撮影係のYACCO、メイク係のYUKOちゃん、お花贈与係のしぶちん、ナビゲータ係のY氏。そして、少ししか居られないのにわざわざ来てくれたnyaokoちゃん、ありがとうね〜!


| MUZIK&D@NCE | 22:13 | comments(14) | - | - |
ドラムが歌ってる
たとえばすごいギター演奏を聴いたり、自分が演奏して一定のラインを超えた時とかに「ギターが鳴く」っていう表現がある。楽器をやらない人間からしたらなんのこっちゃって感じだし、まぁ私も頭で理解はしてても実際どんなもんかってのは、理解できてなかったなって思う。

ギターが鳴くとか、ドラムが歌うとかって、いわば演奏者や楽器をやる人間のフェチ的な表現なのかもしれないけど、最近ドラムをちゃんと習い始めて、叩いてるんだけど自分のドラムは本当に歌ってないと痛感する。

叩けば叩くほどウマくはなっていってるけど、まだまだ一線を越えてないし、手足を動かすのに、楽譜を追いかけるのに必死で、ま〜だまだ。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

あらためてこれまで聞いてた曲を聴きなおして、なんかドラムが歌うっていう感覚が本当に理解できてきた。物凄く聞き込んだ曲でも、聞いてただけでは多分感じ取れなかった何かが五感で理解できるようになった。すごいもんだなぁー。

ベタ中のベタだけど、グレンミラーのSWING!SWING!SWING!を今、聞いてみると、恐ろしい程に歌いまくってる。ああ、こんなSWINGが私も叩けたら…。小難しいJAZZは苦手だけど、やっぱビッグバンドってエエなぁと、改めて痛感。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

ドラム習ってて只管苦痛なのが、絶対にやらなきゃなんないんだけど、ロックのリズムを叩くとき…。やっぱアタシはロックは体に合わない。なんか叩いてて楽しくないし、なんだか背中がムズ痒い><。ソウルとかファンクとかで練習させてくんないかなぁ。

ま、余談になっちゃったけど、とにかく50歳くらいまでには粋にコマシなJAZZを叩けるオバハンになってたいなぁー。なかなか自己練出来る時間が少ないけど、50歳くらいまでで考えると、まだまだ時間はあるから、とにかく叩いて叩いてうんと上手くなってドラムを歌わせなきゃ。
| MUZIK&D@NCE | 00:56 | comments(8) | - | - |
All About The Money
♪It's all 'bout the dum dum♪
春になったら聞きたくなる曲ってないですか?私は何故か暖かい春の陽射しを感じると、必ずこの曲が聞きたくなって、しばらくはマイ・ヘビーローテになります。

みなさまご存知、あの「How Crazy Are You?」で世界的にメガヒットを飛ばしたスゥエーデンシンガーMEJAの代表曲の1つである「All About The Money」。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

マイ・ベスト歌詞はハッキリいって爽やかでもなんでもないし、現実的でタイトル通り、お金についてあれこれ考える哲学的な歌詞(笑。でもこのギタメロが、なんだか春の陽気を思わせるんだよね。なんだか足取りが軽やかになる。それに、この曲が流行ってたとき暖かい春のシアトルに居たから、それの記憶も関係あるんだろうな。

毎朝、iPODでこの曲を聴きながらチャリんこを立ち漕ぎしてるよ♪And I think we got it all wrong Anyway〜、Anyway〜、ダンダ〜ダダンダン〜ダンダ〜ダダンダン〜ダン♪

春を感じる曲ありますか?よかったらおせーてチョ。
| MUZIK&D@NCE | 21:19 | comments(10) | - | - |
ベリーダンスのプチ発表会
身内だけの発表会
最近、激烈に忙しいワタクシですが、ダンスはやはり怠れません。どれだけ疲れていても、ここの教室はいつも楽しくレッスン出来るのよね〜。やっぱ、みんな楽しいお仲間たちと一緒だからだろうなぁ。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

この日は、半期の〆ってことで、煌びやかな衣装とまではいかないけど、何となく気分を高めるため、練習とは少し違う程度の出で立ちで、この半年間練習した成果を身内だけのお披露目ということで、前半組みと後半組みに別れてのプチ発表会。因みに私は後半組み。



みんなスカートだけを履いてってスタイルだったけど、私はパンツルック。。。ってか、いつもの練習用のパンツと、同じクラスメイトのマダムに私に是非着て欲しいとの要望で、着させて頂いたラテン衣装。背中が大きくあいた黒のキラキラのトップス。ちょっとベリーダンサーっぽくはないんだけどノ(´д`*) 。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

今回、練習してた振り付けは、ヴェールを使うもの。まぁエジプトポップスだから比較的明るい音楽で、ミドルテンポだけど前回発表会で踊った曲に比べると少しスローかな。

ショーで踊るのもいいけど、こうやって身内同士だけでお披露目会もなかなか楽しいもんだった。

いい節目になったなぁ。また次の踊りに向けて練習を頑張らねば。

| MUZIK&D@NCE | 00:53 | comments(16) | - | - |
Stevie Wonder in OSAKA

2月27日大阪公演に行って来ました!
新しいアルバムの曲などが中心になるのかと思いきや、昔のナンバーがとっても多かったのでソウル大好き母子の私たちは超楽しめました。いかにいいライブだったかというのを私と母の会話でお伝えしますヽ(´ー`)ノ。

会場7時の予定がスティービーは30分遅れでの開幕。その待ち時間での会話。
 ば:「平日やし30分遅れってとこかなぁ?ちゃんと生唄うたってくれるやろか?」
 母:「いや、口パクやて。まぁ2〜3曲くらいは生でやってくれんちゃう?」
 ば:「そんな興ざめすること言わんといてや。」

スティービーが登場し、演奏が始まる。
 母:「やっぱ唄ウマイなぁ〜。でもさ、あのスティービーの衣装何十年も前に見たことあるわ。」
 ば:「コーラスも部屋着並みやな。ステージにも金かけてへんな。なんや、あの照明…。」
 母:「照明にしてもさ〜、ウィリー(叔母)のディナーショー並みやで。」
 ば:「にゃははは!リーガロイヤルかよっ!」
 母:「まわり(スタッフ)、スティービーが盲目なんをエエ事に手抜いてるんやわ。」

右端にいたコーラス4人が真ん中に出て激しく踊りだした。
 ば:「おいおい、なんやアレ。コーラスはダンサー兼か?」
 母:「なんでやねん!あんな下手くそダンス、ソウルトレインにも出られへんっちゅーねん。」

中盤以降、素人の女の子を壇上にあげ、抱えながら踊るスティービーを見て。
 ば:「あー、ありゃどーせ関係者やな。」
 母:「そーそーそー!プロモーターの娘かなんかやろ。」
 ば:「間違いない。あーやだやだ!」
 母:「あーあ、前の方におったら『はよ降りて!』って言うたんのにぃ。」

スティービーが一緒に!とI just call to say I love youを促した際。
 母&ば:「♪あじゃすっこーっ、とぅせぇ〜はぁまっちぁぃけぇぇぇ♪」
 ば:「みんな声ちっさ!もっと歌えばいいのに。これが海外やったら大合唱やろな〜」
 母:「アカン、アカン。日本人は酒はいらんとよーせんねん。」
 
ライブ終了。帰り道での会話。
 ば:「あ〜、平日で無理やりやったけどやっぱ来てよかった〜。」
 母:「ほんま、ほんま、良かったわぁ。」
 ば:「キングが亡くなったからもあってこその今回やしな。」
 母:「あ〜、死んでもたんやな、寂しいわぁ〜〜。」
 ば:「私の願いは、マイケルのライブやわ。いつかやってくれへんかなぁ?」
 母:「ええな!ええな!マイケルか!家族みんなで行きたいな!」
 ば&母:「ほんま今日は良かったなー。」「な〜。」

こんなに文句タレタレでどないやねん!かもしれないけど、私たち母子はホントにホントに楽しんだのよ〜ι(´Д`υ)!本当にとってもいいライブだった。そのあと、梅田の立ち飲みやでビールを引っかけて、良かったよな〜とシミジミ言い合ったんだから。今回、行きたいと思ってたけど逃した人は、是非次回、行ってみてねー☆
| MUZIK&D@NCE | 23:30 | comments(6) | - | - |
Zills!(Finger Cymbals )
フィンガーシンバル、通称ジル。とうとう買っちゃったよ〜。
アラビア語ではサガットっていう指で奏でる楽器。いま掛け持ちしてるベリーダンス教室のレッスンでたまに使うことあるみたいで、打楽器好きとしてはやはり持っておきたい。とりあえずドラマーには憧れのメーカー、シンバルの名門中の名門「ジルジャン」のジルを購入しました。もっとアホほど安いものもあったけど、楽器は間違いなく値段と比例するので、そういのはパス。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

こんな感じでセットします。まぁやる以上はマスターしたいんだけど、アラビックなパターンってどんなのか分からないから、教室あれば行きたいんだけど、まだ中々教室が少なくて…。ならば独学!と行きたいところ。

いくつかのパターンの楽譜が手に入れば練習できるんだけど、そんな本も売ってないし…。でも練習用のCDやDVDが出てるみたいなのでいまどれを購入するか検討中。残念ながらどれも日本語訳のものはなく全て英語版。まぁアラビア語でなく良かったって思わないとね。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

とりあえず、YouTubeで練習できる映像はないかと探してみると、あ!How to Play Finger Cymbals ってある!とぬか喜びしたものの一瞬で終わり(つд⊂)エーン!でも、奏でながら踊ってる姿はやはり美しいですなぁ〜。

一緒に習ってる教室友達のアッコちゃんが、ダラブッカ(エジプトで最もポピュラーなタイコ)を始めたので、とりあえずセッションできるといいね何て野望を膨らませてます。ヨーシ!いっちょ気合いれっか!( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!
| MUZIK&D@NCE | 23:18 | comments(13) | - | - |
STEVIE WONDER JAPAN TOUR
We are undercover passion on the run〜(^O^)♪♪
今回、スティービーが来日すると知ってからチケット買うか買わないか凄く悩んで、プレオーダーはスルーしてた。でも、クリスマスにキングが亡くなったやん?そういやスティービーも、結構な年齢だなぁって思ったら、行ける時に行っとかないと…何て思っちゃって結局、年末に購入。

年っつても、一応、1950年生まれらしいから(ホンマかどうかは不明)、そこまで高齢でもないんだけど一時さ、激太りした時あってウチの母と「スティービー、もしかしたら糖尿ちゃうか?!ありゃヤバいで。」などと失礼極まりない事を言ってた(笑。

で、2枚買ったものの誰を誘うか考えて、やっぱ私の身近で一番ブラックミュージックを愛してるのは、やはり「母」。誘ってみると「ええよ!行こ!行こ!」と二つ返事でOKだった。ここ最近の曲は知らないかもだから、CD貸してやんないといかんなぁ。

因みに言うと、この2月27日ってウチの男の誕生日なんだよなぁ。皮肉にも、そのまんまのタイトルHAPPY BIRTHDAYの名曲があるし…(´〜`)。
| MUZIK&D@NCE | 23:24 | comments(6) | - | - |
James Brown Is Dead
Merry X'mas & Good Bye!
JBは母が大好きだったから子供の頃、ほんとよく聞いた。私にとって童謡に匹敵する程。父は汗だくで唄うJBの物真似をしては笑わせてくれた。

昔、James Brown Is Deadというハードコア・テクノの曲が流行った。その曲を作ったLA Styleいわく、クラブに居た酔っ払いが「ジェームスブラウンが死んだ〜!」って、叫んでたのを聞いてインスパイヤされたんだって(笑。当時そのタイトルを聞いたところで、リアルでは無かったけどとうとう、この日がやって来たんだね。

小さい身体で、大きなソウルをもったキング・オブ・ソウル、世界のJB。享年73歳。しかし…、クリスマスに召されるなんて、死ぬまでカッコ良すぎ。

ちょっと寂しいけど、今までありがとう。安らかに、JB。私たちファミリーは、いつまでもアンタを愛してるよ!
| MUZIK&D@NCE | 23:28 | comments(8) | - | - |
<<  |  2/6  |  >>