管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
<< 淡き光立つ、にわか雨 | main | きものDEワイン&京料理パーティー *其の弐* >>
きものDEワイン&京料理パーティー *其の壱*
ボジョレーはライトやね〜
従来だったら過ごしやすい時季のはずなのに、寒の戻りが再来し、冬さながらの寒さだった3月27日(土)、「きものDEワイン&京料理パーティー」なるイベントに参加して参りました。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

このイベントを知ったとき、誰を誘おうかと悩んだけど、まだ着物友達が居ないワタシ。mixiでイベントたてるのも、面倒くさいし…ってことで、母を誘いました。最初、着物でなければ行くけど…と乗り気でなかった母。無理強いも出来ないので諦めようと思ってたら、オゴるつもりだったと言った途端「ほな、行こか」…。何度も、無理しなくていいと言ったのに「せっかくやし付き合うわ〜」

オゴるの一言で変貌する現金な母ε-(;ーωーA。

20歳以上の着物着用必須のイベントで、京都の伝統産業の日のイベントの一つ。なぜワイン?と思っていたら、協力?タイアップ?がフランス領事館が咬んでいました。オープニングはフランス大使のご挨拶から、でした。アンサンブルがよくお似合いです。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

さっそく乾杯してワインの試飲をしながら、料亭のお弁当を堪能。

有名料亭のお弁当なだけあって確かに美味しいけど、難をいえば、赤ワインとお弁当はやっぱ合わない(笑。せめてQBBでもいいからチーズを置いて欲しかった。あ、因みにワインは全てボジョレーでございました。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

ウェスティン都ホテル京都で定員800名のイベントだけあって、そこそこ大きなイベント。500名以上はいたであろう全て着物姿の来場者は流石に圧巻。いい機会なので、色々お勉強しなくちゃ!と思っていたけど、あまり人をマジマジも見れず…。でも洋服とは違う艶やかな雰囲気を堪能できました☆



・・・・・・---−−−其の弐に続く☆

| ちんとんしゃん・キモノ | 11:55 | comments(4) | - | - |
コメント
すごい!ほんま圧巻!!
500名の着物の人って見ることないから、これはすごかったやろなーっ!!

ぁ。ホームランバー情報。
関西圏の人がサークルKで買った。みたいなブログ記事をみかけたよ〜。
サークルK行ってみてーーーっ。

27日に琵琶湖周辺のサークルK以外のコンビニに数ヵ所寄ったけど、見かけなかったかな。。
高松でもいまだに見かけず。。。
| Mi | 2010/03/30 11:12 PM |

ばんびぃなさん

 かわいい小紋ですね。お母様も・・・
きものDEワイン&京料理のイベント、とても魅力的だったんですが、私は帰省と称して、東京で歌舞伎三昧してきました♪

 ワイン、白の辛口だったら、和食ともよくあったのでは?
 お着物パーティー、抽選会とかいかがでしたか?

 その弐のレポもお待ちしています。
| ゆしき | 2010/03/31 12:19 AM |

Miちゃん>
着物人口がこれほどいるなんて!と改めて感動したわ☆
きっと開催場所が日本で一番着物人口が多い京都だからこそってとこかな〜。

なんぢゃとー!?プレミアム・ホームランバーがサークルKにとな!?
この辺、かなり少ないけど探しに行く価値はアリだわね。
今日にでも行ってくるじょー!!!!
有力情報の提供、誠にありがとうございますっ!!!
| ばんび | 2010/03/31 11:26 AM |

ゆしきさん>
たぶん、このパーティーはフランスの領事館がボジョレーの
販売促進の一環で、タイアップしたものだと思われますので、
白は置いてませんでした(笑。

この小紋、誂えたときは、あ〜年齢の割りに可愛すぎ&派手
だと思いましたが、いざちゃんと着付けてみるといい感じでした^^。
珍しい柄だったのもあり、随分話しかけて頂いて良かったです☆
はいー、其の弐も更新しま〜す!!!
| ばんび | 2010/03/31 11:27 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.g-bass.com/trackback/920493
トラックバック