管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
<< 何れ菖蒲か杜若 | main | 野に咲く花のように >>
マイケル・ジャクソンはバカ
連日のように報道される、マイケル・ジャクソンの訃報のニュース
私がダンスに強烈な憧れを抱いたのは妹であるジャネット。
マイケルは男性だったのもあるけど、憧れるにはおこがましい。
私だけでなく、あの時代ダンスに夢中になってた
人間にとってはマイケルはまさしく「神」の存在だった。

でも…、人は生きてる時にレジェンドになっては
いけないのかもしれない。その世界で神の存在として
崇められたときから、人としての崩壊の始まりなのかもしれない。

2年前に、スティービーワンダーのライブに行った帰りに、
「もし、叶うならマイケルのライブに行きたい」
と言ったら、母は「もし、来日する事があれば家族みんなで行こう」
その時はあるはずもないと思っていたけど、誰のライブを
1番見たいかと言われれば、マイケルが断トツだった。

そして、今年にイギリスでやるはずだったライブ、
マイケル自身それが最後のライブだと言ってたので、
もう生でライブを見れる事はないのかとガッカリはしたけど、
もう2度と音楽をやらないと思っていたので、
再び音楽と向き合ってきれたのが何より嬉しかった。

キングが亡くなった時、寂しかったけど「ありがとう、安らかに」
と、心から思えた。でも、正直マイケルは腹が立つ。
ずば抜けた才能を持ち合わせながら、音楽からも背を向けて、
ただいたずらに時を過ごし10年以上も引きこもって…。

挙句はもうこれが最後だといったライブの直前に急死だなんて信じられないよ。

彼は、幸せだったのだろうか。短い50年という生涯はあまりに波乱で、
心から安らげる瞬間がどれほどあったのだろう。
手に余るほどの名声と富に精神を啄ばまれ挙句は
こんな寂しい末路だなんて。あまりに不憫でいたたまれない。

マイケルが急死した当日よりも時間が経つごとの方が、
大きな喪失感に襲われて、このどんよりとした天気も相まって何だかずっと憂鬱。
マイケルは大バカだよ。こんなツマんない死に方して。
こんなバカの為に絶対に泣いてやらない。

ほんと、バカ。
| MUZIK&D@NCE | 12:51 | comments(4) | - | - |
コメント
同じ時代を生きた僕も、よくツレと、PV見て踊りの真似事をしました!
ばんびぃなさんの言うとおり、バカですよね、何か悔しいです!
ジャンルは違えど、 ディエゴ マラドーナも、同じように神の領域に若くして到達した者は、幸福になる事は無いのか?
幸か不幸か、ディエゴはまだ健在ですが彼等が、イジラレたりしてるのを見たりすると、ハラワタが煮えくりかえります!
彼等は、僕にとっては神なんですから… 支離滅裂でスミマセンm(_ _)m
| イカプリオ | 2009/07/03 4:54 AM |

イカプリオさん>
なんか、自分でも意外でした。マイケルが亡くなって、驚きはしたものの
「ああ、あんな生活送ってたら仕方ないか」と位思ってたのですが日を追うごとに、
かなりダメージを受けてる自分に気が付きました。
ってか、認めたくないのかな。寝る前に悶々と考えて寝付けません。
ダンスを志す私達には神だったし、音楽面で私は誰のライブに行きたいと言われたら
「1番マイケルジャクソン」というのは中学校の頃から変わってません。
当時、西宮球場に来たとき行けなかったから…。
私達より上の親の世代も、ジャクソン5から始まり、ソウルからポップスの
最前線を駆け抜けたマイケルは特別すぎる存在のようで、
互いにショック過ぎるのかマイケルの事は多くを語らず…です。

日本もたいがいだとは思いますが、あちらの国のメディアはクズですよ。
偉大な人間のゴシップほど、美味しいものはないんでしょう。
| ばんびぃな | 2009/07/03 2:56 PM |

マイケルジャクソンは、、、ほとんど知らない。。。
ここ数年?のゴシップとか、仮面をかぶせた子供とか。そういうイメージしかないの。

でもね。
亡くなって、沢山の映像が流れるのを見て、音楽やダンスをよくわからない私でも、すごい人なんだなって思える。
お葬式(っていうのか?)で、素顔で出席した娘。泣きながら「最高のパパ」だと言った娘。

自分の持ってたイメージと全然違う人だということに、初めて気がついた!!
| Mi | 2009/07/09 11:03 AM |

Miちゃん>
マイケルはここ数年どころか、ず〜っとず〜っとゴシップにまみれた人だったのよね。
スーパースターたる所以だといえばそうなんだど、
でも、あまりにもあまりにも振り回され過ぎたかな。
私は当時からもそうだったけど、真実は分からない。でも「信じたい」という気持ちで見てたかな。
やっぱり彼が残した功績はあまりにも凄すぎたから。
でも、やっぱりあまりにも不憫で、なんか辛いよ。
| ばんびぃな | 2009/07/10 2:46 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.g-bass.com/trackback/846218
トラックバック