管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
<< オーラソーマ・カラーリーディング | main | マイ・タックルボックス >>
2006年のあなたのボトルは?
今度は誕生日と星座から自分のボトルを見つけて2006年の運勢を見るというもの。新境地の開拓とは仕事を暗示しているのかなぁ〜。「わたしは世界を手に持っています」ってボトルらしいけど、自分の世界観の事なんだろうなー。

私は5月26日のふたご座で、結果は下記の通り。
計算方法は5+2+6+8という計算。
自分の誕生日をバラにして更に8を足すんだそうな。
トライする方はこののリンクからどうぞ☆オーラ・ソーマ2006年のサポートボトル





| バトン・占い・心理テスト | 18:12 | comments(4) | - | - |
コメント


B011


ボトルナンバー11の人
ボトルの名前: チェイン・オブ・フラワー(花の鎖)、エッセネボトルI
A Chain of Flowers、BottleI
色: クリアー/ピンク
シェイクした色: ペールピンク
ボトルからのメッセージ: わたしはありのままの自分を愛します。
あなたの過去世: 古代パレスチナなど

 2006年のあなたのテーマは「無条件の愛」。暖かさと優しさをもち、人に共感する気持ちを持っています。また、とても力強くパワフルな性格と広い視野も持ち合わせているため、やっかいな状況や困難に出会ったとしても、それを成長の機会としてとらえることができます。大切な人がそのような状況にあっても、限りない愛で包んであげればきっと救うことができるでしょう。
 タロットの「強さ」とも関連のあるこのボトルが示すように、あなたの2006年は、あらゆる場面でその愛の力強さを発揮することができそうですが、その強さが尊大な心や傲慢な態度に走らないように注意してください。
 また、あなたの本質的な愛を引き出すこのボトルが、あなたの相手を思いやる心を高め、2006年を愛に満ちた喜びの多い年にしてくれるでしょう。
 このボトルを常にあなたの身近に置けば、ボトルの効果を最大限に呼び寄せることができるでしょう。さらに効果を高めたい場合は、ボトルをシェイクして腰の周囲や下腹部に塗ってください。

見たいですwww
| ハシケン | 2006/02/17 9:51 PM |


B019


山 羊 座
ボトルの名前: リビング・イン・ザ・マテリアルワールド(物質界に生きる)
Living in the Material World
色: レッド/パープル
シェイクした色: ディープレッド
ボトルからのメッセージ: わたしは、人生と自分自身に「イエス」と言います。

 山羊座のあなたにとっての2006年は、うわべだけのゲームのような恋愛を卒業し、真にわかり合えるパートナーと出会う年になりそう。状況はめまぐるしく変化しますが、変化に流されることなく、じっくり関係を育てていくことが大事です。
 このボトルはタロットの「月」や2006年の誕生日によるボトルナンバーとも関連しています。人が自然と集まる魅力をあなたにもたらし、出会いのチャンスを多く与えてくれることでしょう。
 また、このボトルは、社会的な行動をする人をサポートします。周囲の声に耳を傾け、意見もとりいれることでよりいっそう心強いサポートが得られるでしょう。
 このボトルを常にあなたの身近に置けば、ボトルの効果を最大限に呼び寄せることができるでしょう。さらに効果を高めたい場合は、ボトルをシェイクして下腹部の周囲や頭髪の生え際に塗ってください。
> 2006年とサポートボトル トップに戻る

見たいですwww
| ハシケン | 2006/02/17 9:53 PM |

ハシケンさん>
どうでしたか?参考になるような
内容がありましたか?
いい年にねるといいですね^^。
| ばんびぃな | 2006/02/20 12:15 AM |

いい年になって欲しいですw

50アップが釣れます様にwww

あと、彼女も出来るといいなwww
| ハシケン | 2006/02/20 12:49 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.g-bass.com/trackback/410511
トラックバック