管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
初仕立ての金魚の浴衣
残暑御見舞い申し上げます
立秋を迎え、ご挨拶は「残暑の見舞い」
になったのにも関わらず、
日に日に暑くなっております。

でも、昨年の異常な暑さに比べれば
今年は日本の「夏」って感じで、
カキ氷に冷麺を堪能しまくっております。

猛暑日が続き、節電を強いられる日々に
皆様、夏バテ気味であるかと思いますが、
1年トータルで考えると、短い夏。
思い切り、謳歌いたしましょう。




  今年は、初めて反物から自分で仕立てた浴衣に
  袖を通しました。右の反物から約8ヶ月程かけて、
  何とかかんとか、仕立て上げました。

  白地に金魚柄でとっても涼しげで気に入ってます。
  子供っぽいかな〜と思いきや意外にスッキリした
  柄いきですので、大人でも着こなせます。

  やっぱ、日本古来の古典柄は素敵。
  着物・浴衣は、あたしゃやっぱ古典柄が大好き。


  JUGEMテーマ:お着物&浴衣







| ちんとんしゃん・キモノ | 14:58 | comments(8) | - | - |
今日の朝日新聞に載ったよ
縫い針や畳針 感謝込め供養

兵庫版のページだから、ローカルではあるけれど、朝日新聞に載りました。前、阪神の優勝のときは白黒だったけど、今回はカラーで感動も倍。これは、昨日、和裁の先生達と行った針供養でのスナップ。早速、朝日新聞に電話して3人分の写真を送って貰うことに。昔は無料でくれたのに、1枚1050円もとるのは驚き。もしかしたら新聞社によって違うのかもだけど。せっかくの記念だからシブチンは言いたかないけど、、ねぇ〜。

もしかしたらと思い一応確認してみるとasahi.comの電子版にも載ってました。これなら全国区で見れるけれど、WEB版はスグにリンクが切れるから、やっぱ新聞の紙媒体の方が価値あるよね〜。

<縫い針や畳針 感謝込め供養>
古くなったり、折れたりした針をコンニャクに刺して「針塚」に納める針供養が8日、神戸市兵庫区永沢町4丁目の厳島神社であった。厳島神社によると、コンニャクに刺すのは、硬い布を縫って折れた針に感謝し、いたわる意味がある。農作業を始める日とされる2月8日に供養をする神社が多いという。用意されたコンニャクは重さ約5キロで、一般的なコンニャク20枚分の大きさ。普通の縫い針だけではなく、畳針や布団針を納める人もいた。


今年、春くらいまでには初めて自分で仕立てた浴衣が完成しそう。次は、ウチの相方の男浴衣を仕立てる予定。今年も針たちのお世話になりつつ頑張って和裁に励むぞっと。



JUGEMテーマ:趣味


| ちんとんしゃん・キモノ | 17:35 | comments(8) | - | - |
着物deチャリキ
団子屋の娘をイメージ
今日はチャリキで和裁のお稽古へ。
着物でチャリキの際にかかせないのは
ロング丈の巻きエプロン。
はだける裾を隠してくれます。

今日は30度を超える夏日だったけど
湿度も少なく絶好のサイクリング日和。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

ただでさえ、着物人口が少ない神戸。
それに加えチャリキにまたがる姿は
かなりの注目を浴びるのは否めません。

けれど、好奇の目なぞ何のその!
そこどけ、そこどけ、
時速約30kmで駆け抜けます。
チャリチャリチャリ〜。


| ちんとんしゃん・キモノ | 23:02 | comments(8) | - | - |
大正ロマンはフュージョン
GWに着物で三宮にお出かけ
この日、紬の名古屋帯で変わり結びをしたんだけど、中々上手く締めれました。お太鼓も好きなんだけど極力は変わり結びをするようにしてる。慣れる&手順を忘れない為が一番の理由だけど何より、反応が倍増。ただでさえ、若いのに着物を着てるという珍しさから話しかけて貰えるんだけど、変わり結びは「自分で結んだの?」から始まり、流派やら結びの種類やらより会話が盛り上がる。

タバコ以上のコミュニケーションツールはないと思っていたけれど、着物はそれ以上かも。タバコを辞めた私にとって、なくてはならないものね。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

はい、チョケ写真です。この大正ロマンな矢絣の着物は凄くお気に入りの1枚。残念ながらポリのプレタ。

基本、私は古典柄派。華やかな最近の柄には興味がない。着物ならではの古典・伝統柄は洋服にはないものだから、かえって新しくさえ感じる。

特に大正風は、閉鎖された日本の文化に、さりげなく西洋文化が入り交じり、独特のフュージョンが本当にコマシでお洒落。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

でも、正絹で古典柄を探すのは難しい。もちろん、アンティークのリサイクルの着物をさがせばあるけれどサイズが絶対に合わないからどうしようもない。昔の柄をもっと復活させてくれたらいいのに。もっともっと、レトロな縞柄、絣柄、矢絣柄、市松柄が欲しい〜!!

| ちんとんしゃん・キモノ | 00:43 | comments(2) | - | - |
きものDEワイン&京料理パーティー *其の弐*
昔からゲームに参加するのが嫌い
協調性がない性だからなのか…、今回も抽選タイムは無視して、ひたすらにワインをおかわりし飲みまくり。ホロ酔いでボサーっとしてると、母に「あんたの番号言われたで」

何が当たったのか分からず、隣の席の方に聞いてみたら、「めんつゆ」のセットが当たってた。まぁ邪魔にならないし、ありがたく頂いた。ただ、内容ってのが1本500mlの4本セットで合計2リットル。1本、母にあげたので計1.5リットルにはなったけど、やっぱ帰りは重たかった><。

そして、母も当選。祇園まり菊の泡立てネットと石鹸。泡立てネットは使わないらしいので、ワタシがもらいました。まぁ親子して何かに当選したのでラッキーはラッキーでした。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡



抽選会の前には、舞妓さんと芸妓さんの舞台を堪能しました。会場からは、舞妓さんの可愛さに感嘆の声があちこちで聞かれました。なぜ、舞妓さんが人気があるのか、ずっと不思議だった。自分が若い頃は艶やかで色気のある芸者さんに憧れを抱いていた。でも…今はなんとなく分かる気がする。

昔は12歳という年齢で水揚げされる舞妓さん。その幼さを隠す為に白塗りを施す。今は法律上の諸問題で15歳からと年齢は上がったけど、やっぱりまだまだ二十歳未満の可憐な少女。

白塗りの下からのぞく、あどけなさがメッッッチャクチャ可愛い><。本当にお人形さんのようで、こんな私でも母性がくすぐられちゃうんだよね〜。

・・・・・・---−−−其の参に続く☆
| ちんとんしゃん・キモノ | 17:25 | comments(0) | - | - |
きものDEワイン&京料理パーティー *其の壱*
ボジョレーはライトやね〜
従来だったら過ごしやすい時季のはずなのに、寒の戻りが再来し、冬さながらの寒さだった3月27日(土)、「きものDEワイン&京料理パーティー」なるイベントに参加して参りました。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

このイベントを知ったとき、誰を誘おうかと悩んだけど、まだ着物友達が居ないワタシ。mixiでイベントたてるのも、面倒くさいし…ってことで、母を誘いました。最初、着物でなければ行くけど…と乗り気でなかった母。無理強いも出来ないので諦めようと思ってたら、オゴるつもりだったと言った途端「ほな、行こか」…。何度も、無理しなくていいと言ったのに「せっかくやし付き合うわ〜」

オゴるの一言で変貌する現金な母ε-(;ーωーA。

20歳以上の着物着用必須のイベントで、京都の伝統産業の日のイベントの一つ。なぜワイン?と思っていたら、協力?タイアップ?がフランス領事館が咬んでいました。オープニングはフランス大使のご挨拶から、でした。アンサンブルがよくお似合いです。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

さっそく乾杯してワインの試飲をしながら、料亭のお弁当を堪能。

有名料亭のお弁当なだけあって確かに美味しいけど、難をいえば、赤ワインとお弁当はやっぱ合わない(笑。せめてQBBでもいいからチーズを置いて欲しかった。あ、因みにワインは全てボジョレーでございました。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

ウェスティン都ホテル京都で定員800名のイベントだけあって、そこそこ大きなイベント。500名以上はいたであろう全て着物姿の来場者は流石に圧巻。いい機会なので、色々お勉強しなくちゃ!と思っていたけど、あまり人をマジマジも見れず…。でも洋服とは違う艶やかな雰囲気を堪能できました☆



・・・・・・---−−−其の弐に続く☆

| ちんとんしゃん・キモノ | 11:55 | comments(4) | - | - |
焼の桐ダンス
桐のいい香りがします
頂きモノやリサイクル、誂えた着物等など、随分とコレクションが増えてきたので、前々から購入を検討していた桐ダンスを購入致しました。

私がどうしても欲しかったのが、無垢の白い桐ではなくこの焼桐ダンス。ただでさえ桐ダンスは少々お値段が張るんだけど、「焼き」にになると更に値段が跳ね上がる。

大体、調べた相場は20万円からピンキリ。上はウン百万円もザラ。さすがに手が出ないので諦めていたけど、なんとこの焼桐ダンスは8万円とちょっと。安い〜!!

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

はい、Grateful Deadのベアー、アカマムシさんもご満悦☆この引き戸には草履やバッグ等の小物を収納予定。今までバラバラだった着物アイテムが全て収まりました^^

何より日本製なので立派で美しいタンスにテンション↑↑↑。着物の出し入れの効率が断然上がった事だし、もっともっと洋服と同じ位、お気軽に着物を着ていかなきゃ。お出かけの機会を存分に増やさなければ。
| ちんとんしゃん・キモノ | 22:27 | comments(4) | - | - |
雨の日はアンティークの着物
1000円で買ったアンティーク着物
今回の着物の集会は、最悪なことに雨。こんな日はもちろん濡れても、汚れてもいいものを着なければならない。それに足元の跳ね返りを考えると、着丈の短いアンティークな着物を着る絶好のチャンス!!

昔の人は今の私たちよりもぐっと身長も低いので、おはしよりを作らずに着るか、ぐっと短く着込むかのどちらか。雨の日はもちろん後者でブーツ。カラータイツでパンプスなんかも好相性。そして、短い裄にはロング手袋がピッタリ。

お出かけの時は編み上げのブーツに赤いアンゴラの手袋を着用。出来上がりの姿の写真を撮るのを忘れてたのでお見せ出来ませんが…。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

この1000円で購入した紬のアンティーク着物は、昔ながらの袖丈の長いタイプ。もち、この袖丈の長襦袢は持ってないので、母のもうどうしようもなく汚れたお下がりの着物を解いて変え袖を作りました。

やはりアンティークな着物にはアンティークな帯がしっくり合う。その時代同士の素材の相性なのかな〜。

この刺繍の椿の緑の帯は母のお下がり。結構くたびれてるので着付けの練習用にとくれたんだけど、まだまだ十分現役で使用可能。何より可愛い。

洋服の古着は嫌いだけど、着物の古着は大好き。ノスタルジィなのに新しく感じるんだよなぁ〜。
| ちんとんしゃん・キモノ | 16:40 | comments(2) | - | - |
縞の割烹着
割烹着が欲しくて欲しくて
大量生産品ではない、こういう商品は少し割高なので、
しばらく躊躇してたけど、やっぱ着物を着る機会を増えるという事は、
必ず必要になるだろうって事で入手。

定番な白の割烹着は流石に、サザエさんのフネ姉さんに
なりかねないので、ちょいと粋な縞の模様に…。
割烹着のフォルムを確かめるために、着物を着用。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

うん、ええ感じ。
これで、家事が出来るだけでなく、キモノで自転車も可能かも。
誰か、昔ながらのカゴの買い物カゴ下さい。
| ちんとんしゃん・キモノ | 16:49 | comments(0) | - | - |
初・着物友達とお出かけ

やっちゃいましたよ。この正月にとう〜〜〜とう。
  これまで、若干MIXIに対して偏見を持っていたワタクシ。でも!
  どぉ〜〜しても着物を語り合い、着物でお出かけをするきっかけとなる
  キモノトモダチが欲しくて欲しくて、キモノコミュに参加し、
  お正月はキモノでお出かけイベントを立ち上げて2010年1月2日、
  神戸で集会を開いちゃいましたよ。

  私のコダワリは、少人数(5人以下)。
  この日は私を入れて計4人のお嬢さん方で丁度良い頃合でした。

  この日、いまとってもお気に入りの紬の小紋をチョイス。
  なかなか紬では珍しい可愛らしい色と柄。やっぱキモノトモダチは、
  紬と聞いた途端「珍しい〜」と分かってくれる。

  そ〜なの!そ〜いう話しがしたかったのよ〜〜〜〜><。
  またお会いする機会があれば、遊びましょうねっ!!!
| ちんとんしゃん・キモノ | 12:27 | comments(2) | - | - |
  |  1/2  |  >>