管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
百合の花園 - 後編 -
とにかく私はそのムードをブチ壊そうと「え?そうかなぁ、ぎゃはははは」と意味なくバカ笑い。それでも尚、背中や腰を撫でてきて「先輩を襲ちゃおうかなぁ〜」…ヤバイ!超ヤバイ!どう切り抜けよう?!とにかく誤魔化そうと、「ハハハ、何言うとん。」と言ったその瞬間、私の肩を引き寄せ上に覆いかぶさる姿勢になって「わたしが先輩の事、ずっと好きだったの知ってるでしょ?」

キタ─wwヘ√レvv〜ヽ(`Д´)ノ─wwヘ√レvv〜─ !!

知らねぇよ!そんなの!知ってたら泊まりに来るかよっ(((( ;゚д゚)))!

女の子だからボロクソに言えない。しかも今まで仲良くしてた後輩だし。でも私もまだ当時は若干18歳。経験も浅はかだし頭が回らない、何より動揺しまくってる。後輩の腕を掴んで起き上がり「ちょっとアンタそこ座り」と、膝を付き合わせた姿勢で私は真剣に熱弁を始めた。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

「あんな、男と女は古来1つやってん。いつしかその1つから2つに別れて男と女が出来てん。元来男と女が恋に落ちるのは、また1つに戻ろうとして互いを求め合うもんやねん。分かった?とにかく、そういう事やから!」ドコかで聞いたような話しで誤魔化そうとするも後輩は「よく分かりません…。」

それに大事なこと忘れてた!「ちょっと待ってよ!アンタ彼氏おるやんか!」すると後輩は「アイツですか?アイツ先輩に一時いいよってましたよね?先輩が迷惑そうにしてたんで近寄らせないようにしただけですよ。」驚愕の事実!コイツ、百合ではなく「バイ」なんだ!!

じゃぁキスだけでもいいですから…」じゃ、じゃぁって何やねん!?「ムリムリムリムリ!男としかムリ!男でないとムリ!お願いやから、あんまり困らせんといてよ…。」私は眉間に手をあて、うつき大きく溜息をついた。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

しばらく沈黙が続いて「すみませんでした…。でも、好きでいるの許してください。ひとつ約束してくれませんか?今後、彼女だけは作らないで下さい。」心の中で作るか!と思ったけど、頭をブンブン縦に振って「わ、分かった。」

ほっと安堵する間もなく「思い出に、今日は手を繋いで一緒に寝て下さい。お願いします。」


当時は、携帯電話など普及してない足も呼べない。後輩と私の家は電車でも1時間はかかる。背に腹は変えられない。今後の事もあるしイヤとは言えず手を繋ぎ布団に入る。私の肩に頭を埋めて手を強く握る後輩。恐怖で朝まで眠れるハズもなく…。

この時期になると、この事を思い出します…。
| 恋の呪文はスキトキメトキス | 00:03 | comments(0) | - | - |
百合の花園 - 前編 -
学生時代、私は沢山チョコを貰ってた。これは作り話でも何でもなく、学生時代、ほんの4〜5人だったけど私のファンクラブがあった(笑。残念ながら女の子ばっかだったけど…。高校は女子高だったけど、共学の中学の頃から女の子には人気があった。

私は性格はサバサバしては居るけど、決してボーイッシュってワケではない。いつも髪型や服装を気にする一般女子。でも彼女らには私がカッコよく映ってた。勉強は普通、運動神経は1番ではないけど悪くはなかった。体操部やバトン部や華やかな部活と私生活ではダンス。まぁ女の子にモテる要素はあったにはあったのかも。

正直、悪い気はしなかった。女の子のサポーターが居ると、お弁当やお菓子に困らない。チヤホヤされて、多少は調子ブっこいては居たと思う…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ただ憧れられてるだけならヨカッタよけど、それに留まらない子も居たりした。もちろん私はストレート。そういうのって否定はしないけど、自分はやっぱ…ねぇ?

その子はファンクラブ以外の子で私にナツく後輩で遊び仲間の1人だった。事件が起こったのは仲間達と夜遊びをし午前様、電車で帰れない私は彼女の家に泊めてもらう事になった。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

一緒に寝ましょうよという申し出に別に断る理由もないので同じ布団で就寝する事にしたんだけど、彼女はピッタリと私に寄り添ってくる。ただ甘えているだけかと思ったけど流石に居心地が悪いので彼女に背中を向ける形の姿勢を取った。すると彼女は私の腕やら肩やらを撫でてくる。そして「ばんび先輩って華奢ですよね…」妙〜なムードが立ち込める。

あれ?なんだコレ?まさか、コイツ…。

・・・・・・---−−−つづく☆
| 恋の呪文はスキトキメトキス | 13:13 | comments(4) | - | - |
喫煙者はキス魔?!

最近、日本でも「人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます」や「喫煙はあなたにとって脳卒中の危険性を高めます」などと大きく書かれるようになりました。ヨーロッパなんかでは、死に至るとまで書かれているほど。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

それでも、喫煙者が減らないのは何故か。もちろんニコチンが中毒性を持っていることはご存知の通りなんだけど、精神分析学的にいうと【口唇愛期】
と関係すると言われてる。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

タバコは口で吸って、唇を刺激する事で【口唇愛期】の快感を刺激するからなんだそう。【口唇愛期】というのは、生まれてから1歳半位までの性的エネルギーが、唇に向けられてる時期の事。

その時期に口唇愛が充分に満足されていなかったり、過剰に与えられ過ぎたりすると【性的リビドー】が、口唇に定着して【口唇愛的性格】というものが形成されるらしい。

【リビドー】というのは、フロイト用語。生まれながらに持ってて、性的衝動の基になるエネルギー。またユングでは、あらゆる行動の根底にある心的エネルギーで、広い意味を持つもの。分かるかな?

【口唇リビドー】の強い人は恋人へのキスなんかの接触要求が強くなる傾向にあり、そして、タバコのような口唇を刺激するものが手放せない人は、【口唇愛的性格】で甘えの気持ちも強いらしい。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

私は喫煙者です。そこまでタバコに執着してるワケじゃないけど、特別辞めようとも思ってない。
って事は口唇の刺激が欲しいからなのかな?そんな私もキス魔?!
| 恋の呪文はスキトキメトキス | 03:34 | comments(2) | - | - |
  |  1/1  |