管理者 RSS
和日沙美(わびさび)

当ブログ(GirlsBass)の管理人の和日沙美と愛犬黒ラブの「ワサビ」です。踊りに空海に山登りにetc...。統一性のない趣味や日々思うことを綴ります。

profilephoto

最新の記事
CATEGORIES
コメント
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

`*:*; GIRLS BASS .,*;*`

山に行きたい、行きたい、行きたい、行きたい。
VIVA!90’s! Mr.VAIN
私の青春時代といえば、90's!
いま、沢山のCD・レコードをパソコンに落とす作業をしてる。
ちゃんと数えたことはないけど、CD・レコードは1000をゆうに超えてるので
早くやりたいと思いつつ、ずっと後回しにしていた。

そのクソ面倒な事をやり出したキッカケとなったのは、Culture BeatのMr.VAIN。
この曲かかると、ダンスフロアーが盛り上がったな〜とか、自分も若くて元気だったし、
一緒にハシャいで過ごした笑顔の友人らが目に浮かんで来て、
何故だか、じんわり涙が込み上げてきた。

そこから、むさぼるように90'sソングを引っ張り出して聞き倒し。
これは是非ともコンピを作って友人らに配り、この思いを共有したい!!

あー、元気でる!あの頃にタイムスリップ出来る〜!踊りてぇ〜〜!!



@1993年 Culture Beat - Mr.VAIN
JUGEMテーマ:音楽


| MUZIK&D@NCE | 11:53 | comments(6) | - | - |
心に沁みる癒しの曲


Blessid Union Of Souls の "I Believe"

例えば、細い雨がずっと降りしきる休日とか、
別に何もないんだけど、寂しい気持ちになる時とか、
無性に、無性にこの曲が聞きたくなるときがある。

I believe that love is the answer
I believe that love will find the way

メロディだけでなく、歌詞もほんとにきれいな曲。

こんなのただの理想で儚い夢だよ・・・そう思いつつも胸に突き刺る。
うっかりしてると、涙が込み上げてくる時も。
リリースされた頃から、幾度となく聴いてるのになー。

あ〜、疲れてんのかな〜(笑。
| MUZIK&D@NCE | 00:42 | comments(4) | - | - |
淡き光立つ、にわか雨
私の春の唄
私の中で春の唄と言えば、子供の頃から変わらず不動であるキャンディーズの「春一番」。春の唄は悲しい、切ない、別れ、のテーマが殆どでキャッチーで明るい曲って意外と少ない。なので、この春一番は貴重。

思わず自転車を立ち漕ぎしたくなるような、元気いっぱいの歌詞とメロディ。なにかしたくてウズウズする春にもってこい。とかく毎年の春はマイヘビーローテで聞きまくる。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

で、もう1曲は春一番と対照的なユーミンの「春よ、来い」。この曲を初めて聞いた時、初めてとは思えない妙に懐かしく感じるメロディーに衝撃を受けた。そして、ワケもなくはらはらと涙が出た。この記事書くのに久しぶりにyoutubeのPV観ながらじっくり聞いたら、また泣けてきた(笑。

この「春よ、来い」は、春を彷彿とさせるアコースティックなイントロ、そして全ての日本人が郷愁を感じずにはいられない、童謡を思わせる音色、そして美しい日本語の歌詞。私たちが失ってしまった心の奥底にある「何か」揺さぶる名曲。

このPVに出てくる、おかっぱの童女は幼い頃の宮崎あおいなんだって!知らんかった…。


| MUZIK&D@NCE | 12:36 | comments(2) | - | - |
恋をしてしまいました
あなたを抱いても誰かを抱いても、憂鬱だよ

だめだ…、恋に落ちた。
ドキがムネムネする…。

もとい。

胸がドキドキする。
息苦しい。
身悶えしてしまう。

これって久しく忘れてた「恋」だ。


こんなに、こんなにセクシーな男が居るだろうか。
中世的だという人も居るけど、違う。
男そのものの色気と美しさをもった奇跡の人。

その名もジュリー




今年、母と一緒に「ジュリー祭り」に行く予定だった。
でも友達の結婚式とかぶり泣く泣く辞退。
私のチケットは母の友達に渡ってしまった。


ジュリーと言えば子供の頃に
母と岩手に向かう寝台車で会った事がある。
私は幼稚園児だったけど、今でもハッキリ覚えてる。

「あんた、行っておいで!」と、母に促され
「ママが行ってきてよ〜」
「子供の方があたり触りないからアンタ行き〜よ」
・・・・と、押し問答した挙句、結局諦めた。

その時、ジュリーはマネージャーさんらしき人と一緒。
関西弁で「そんなん、知らんやん!」
と、ちょっとご機嫌ナナメだったのを覚えてる(笑。


ジュリーは元々大好きだったけど、がっつり恋してしまった。
Youtubeで、ヤバイ動画みちゃって。

常から、昭和で一番セクシーな男言ってたけど大間違い。
この平成でもこんな色気をもった男などいない。
J事務所がよってたかっても、足元にも及ばないね。
顔がいいだけで、色気なんて微塵にも感じない。


沢田研二 ジュリーファンの人もそうでない人も
 セクシーな男を観たい方は、是非ご覧アレ。
 ◇◇ ココをクリック ◇◇

 動画のタイトル通り「全画面表示危険」です。
 本当に危険です。ぶっ倒れそうになっちゃいます。
 あああ、このセクシーな顔、仕草、唄い方。
 ため息しか出ない。

♪あなたを抱いても、誰かを抱いても、ユ・ウ・ツだよ♪

この節を唄う不敵で気だるい笑み…ぐぐぐ、悩殺ぢゃっ。
ジュリー〜、ジュリ〜、ジュリ〜!

ジュリィィィィィィィィ〜!!!

樹木 希林かっ
| MUZIK&D@NCE | 14:43 | comments(2) | - | - |
マイケル・ジャクソンはバカ
連日のように報道される、マイケル・ジャクソンの訃報のニュース
私がダンスに強烈な憧れを抱いたのは妹であるジャネット。
マイケルは男性だったのもあるけど、憧れるにはおこがましい。
私だけでなく、あの時代ダンスに夢中になってた
人間にとってはマイケルはまさしく「神」の存在だった。

でも…、人は生きてる時にレジェンドになっては
いけないのかもしれない。その世界で神の存在として
崇められたときから、人としての崩壊の始まりなのかもしれない。

2年前に、スティービーワンダーのライブに行った帰りに、
「もし、叶うならマイケルのライブに行きたい」
と言ったら、母は「もし、来日する事があれば家族みんなで行こう」
その時はあるはずもないと思っていたけど、誰のライブを
1番見たいかと言われれば、マイケルが断トツだった。

そして、今年にイギリスでやるはずだったライブ、
マイケル自身それが最後のライブだと言ってたので、
もう生でライブを見れる事はないのかとガッカリはしたけど、
もう2度と音楽をやらないと思っていたので、
再び音楽と向き合ってきれたのが何より嬉しかった。

キングが亡くなった時、寂しかったけど「ありがとう、安らかに」
と、心から思えた。でも、正直マイケルは腹が立つ。
ずば抜けた才能を持ち合わせながら、音楽からも背を向けて、
ただいたずらに時を過ごし10年以上も引きこもって…。

挙句はもうこれが最後だといったライブの直前に急死だなんて信じられないよ。

彼は、幸せだったのだろうか。短い50年という生涯はあまりに波乱で、
心から安らげる瞬間がどれほどあったのだろう。
手に余るほどの名声と富に精神を啄ばまれ挙句は
こんな寂しい末路だなんて。あまりに不憫でいたたまれない。

マイケルが急死した当日よりも時間が経つごとの方が、
大きな喪失感に襲われて、このどんよりとした天気も相まって何だかずっと憂鬱。
マイケルは大バカだよ。こんなツマんない死に方して。
こんなバカの為に絶対に泣いてやらない。

ほんと、バカ。
| MUZIK&D@NCE | 12:51 | comments(4) | - | - |
ゴシックフュージョン・ダンスショー
オマエも蝋人形にしてやろうかっ!!
今回は11月16日(日)、11月23日(日)と2週続けてのダンスショーと結構ハードなものでした。踊る内容は一緒だけど、若干メンバーや構成の違いはございましたが、まぁ大きなテーマはゴシックフュージョン。トライバルの動きは少し出てくるものの、お人形さんが踊るって感じでした。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

当初、フリフリや可愛らしいものが超苦手な私は、かなりブルーで今度あったら観に行くと言ってくれてた友人らに知らせておりませんでした。ビスチェまではいいけど、超ミニのパニエを履かないといけなかったんだもん><。

だのに、だのに!このフリフリだと知る前から行きますよ〜って言っていただいてイカプリオさんにはお知らせを兼ねて、あまりオススメしないと言ったものの、逆にとても楽しみにされてしまい、ご招待せざるえなくなりました(泣。

でも、なんとしても可愛くならないように当日キツメのメイクをして頭を爆発させてみると意外や、意外!悪くないかも…。ちょっとコワイ系でアリっちゃアリ!!って感じで寸劇もやらないといけなかったんだけど、吹っ切れて思い切りやる事が出来ました。

16日は左写真の3人のメンバー。23日は右写真のSMの女王様とネコちゃんが入っての4人編成。なぜか23日はジョン・レノンのイマジンが流れて雪降る中、緩やかに踊る演出が入ってました。クリスマス仕様?!

16日に来ていただいたイカプリオさんとその弟子?のカワイイFちゃんと3ショット。もうイカプリオさんとはブログ上だけで3年位のお付き合いなのかな?今回もちろんお互い初顔合わせ。その時の様子をブログで上げてくれています☆イカプリさんのブログはこちら→No Roots

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

細かい打ち合わせをせず来て頂いたので、実際ショーでドレが私か分からなかったらしい(´ヘ`;)。私もどれがイカプリオさんか分からず最後のエンディングでキョロキョロして探し回って、その姿をジロリと見るオッサン1人を発見。

「そうですよね?!」って声をかけて、ようやくご対面。お互いどんだけアバウトやねん(笑。

その後、折角の初対面の我々。ゆっくりお話しもしたいしダンスメンバーとの打ち上げにも参加せずお茶を兼ねて3人でケンタッキーへ。実際イカプリオは、話せば話すほど、結構意外〜!って感じでした。自称ドSだっって言うしコメントや記事なんかでは、もっと粗暴な感じの(どんなんや)イケイケのイメージだったのに、ゆっくり丁寧に話す優しいオッサンだった!!

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

会ってみなきゃ分からないものだな〜と痛感。もちろんヤンチャなんだろうけど、アーパーなガキな感じがないし。何より思いっきり反対方向で遠い神戸の家まで送り届けてくれる辺りは、我々の年代のいい所を今だしっかり持ち合わせてる男気溢れるいいオヤジだって思ったよ、いやマジで。

逆に私は想像してたそのまんまだったそうダス( ;谷)。これを機に、ちょいちょい遊びましょう〜、今度こそは心の歪んだ微笑みの貴公子も交えて(笑。
| MUZIK&D@NCE | 18:05 | comments(14) | - | - |
京炎そでふれ!全国おどりコンテスト
2008年10月12日(日)京都・平安神宮にて
京都、平安神宮の大きなお祭りに参加してまいりました。屋外でしかも太陽の下で踊ることなんて、中々ないのですが、いいものですね〜。めちゃ楽しかったです!

いつも少人数で踊るスタイルなんだけど今回は、総勢15人の大所帯。やっぱ群集になると中々の見応えがあったんじゃないかな?!

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

沢山の出演者で、みんな華やかな衣装なんだけど、私たちのスタイルが珍しいのか、同じ出演者たちから一体何を踊るのか質問攻め。見に来られてる一般の方たちからは、いつ出番?とか衣装を絶賛されたりだとか、沢山の人に興味を持ってもらって貰いました。まだまだ知られていないジャンルだけにとっても嬉しい反応☆

トライバルのスタイルになんちゃって着物を合わせての衣装。私は意図したワケでは無かったけど、なんか花魁風…><。この衣装を着込むには1時間は軽く必要。

この日は2回踊ったんだけど、その間着替えてる時間がないので、この衣装を1時間半ほど着っぱなし。総重量4kgはあるこの格好はとても疲れました><。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡



天気にも恵まれ、たくさんの人に見てもらえて、しかも平安神宮のお膝元で踊れたのはとっても幸せでございました。またこんな機会で踊れるといいな〜。さて、次回は11月のダンスショーに向けて頑張らねば!(Nさん&Y氏写真提供&観覧ありがとうごじゃります〜)
| MUZIK&D@NCE | 14:03 | comments(10) | - | - |
ドラムの楽譜

初めて楽譜をおこしています
最近、ドラムのレッスンが、パターンやMiniTuneの練習を経て自分のやりたい音楽をやる練習に移りました。本当にやりたい曲は、まだまだ私の力量じゃ無理。まずは身の丈にあった曲から…と考えて、まず沢田研二のストリッパーをチョイス。仲間からは「しぶいな。。」と一言。古いロックンロールで単純なパターンだけどシンプルな中に光るカッコ良さがあるんだよね〜。ベースもギターもカッコいいし。しかし、楽譜に溢した紅茶の後が汚い…><。

通常、楽譜を用意しなきゃなんないんだけど、古い曲なもんだから用意出来ない。なので、先生に「耳コピしといて〜」とおねだり。スネア、ハイハット、シンバルやタムなどは私でもそれなりには解読できるけど、バスドラを聞き取るのが非常に困難。まだひよっこなので、勘も働かないし。

←先生に上げてもらった楽譜がコレ。「わかりづら!」と言うと「これで十分や!プロの楽譜はこんなもんや」と一括。ううっ、プロちゃうのに…(泣。

読めない事は無いけど読譜力が乏しい私。何度も聞いてるし、イメージで頭で叩いてたからそれなりに読めるものの、聞き取れなかった箇所は初見ですぐ叩くのは、この見難い楽譜ではやっぱ難しい。

改めて思ったのが単純なリズムといえど、入り混じる三連と単調な4つ打のチェンジアップが中々どうして…。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

先生が、まず手本で一通り叩いたんだけど何かおかしい。よくよく楽譜を見るとクラッシュシンバル抜けまくりで、サビのスネアも違う。先生を問い詰めてみると「忘れてからさっき10分でやったんや〜」…。まぁ一番聞き取れなかったバスドラのパターンが分かったし良かったけど…。

で、家に帰って音楽ノートを引っ張り出して先生の楽譜を元に、曲を聴きながら訂正し正しいリズムを譜線に書いてみた。どうせなら、ちょっと「おかず」が少なすぎるし、ココにFillin入れちゃえ〜などと、アレンジを加えつつ楽しく書いてたけど次第に足踏み状態。書いては消し、書いては消しの繰り返しに…。

け、結構、難しいのねっ、楽譜をおこすのって…。反復記号を巧みに入れながら、短いけど見やすい楽譜の書き方が中々出来ない(泣。まず、構成をちゃんと組み立てなきゃなんないし、もしかしたらデザインと一緒で、ちょっとセンスが問われたりもするのかも?!

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

とりあえず、いま真面目に楽譜をおこしてるもう1つの理由は、一回スタジオに入って他の楽器と合わせてみたい。ウチのオッサンはベーシストなのでベースを、そんでギターはパパにやって貰おうかな〜なんて。とりあえず楽譜割だけでも渡せたら耳コピしてそれぞれのパートの楽譜を作ってもらいやすいっしょ??ウチの男は1つ返事でいいよ〜だったけど、パパが問題。

一銭にならない事を、果たしてやってくれるのだろうか。あのオヤヂ。。
| MUZIK&D@NCE | 23:50 | comments(6) | - | - |
8月3日(日)Jamel Lounge@南森町


昨日は大阪、南森町のレストランを借り切ってのダンスイベント。以前と同じトライバルフュージョンスタイルで、今回は4人でのステージでした。相変わらず、怪しい集団です。今回もショー時の撮影は禁止だったので、踊ってる写真がないのが残念。

この日、何が恥ずかしかったって、ダンスのスタジオで衣装に着替えイベントの会場に徒歩で向かったんだけど、この怪しいカッコした4人の婦女子を、町の人たちがギョッとしながらマジマジ…。あの約10分間は非常〜〜に辛かった(;つД`)

次回のダンスショーは10月、京都の平安神宮で踊ります。もし、よければ観に来てください☆あ、それと、前の5月の伊丹での発表会のステージ写真を2枚入手しました〜。
続きを読む >>
| MUZIK&D@NCE | 21:05 | comments(8) | - | - |
トライバルフュージョン☆ダンスショー♪
Kool Jam 2k8 @ 伊丹ホール
5月6日(火)、GWの最終日に今通っているダンス教室の発表会が伊丹ホールでありました。そのホールは1200人も収容出来、バレエやオーケストラ、あとお笑いステージなんかも催される大ホール。今まで、アンダーグラウンドな世界でやってたのでクラブやBARで踊ることがあっても、こうい大きなホールを借り切って催される「発表会」ってものには初めてだった。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

今回、伊丹ホールという辺鄙な場所である事やGWの最終日の夜って事であまり皆を誘わなかった。結局、誘ったのはこの2名。おなじみ師匠と幼馴染のセンリちゃん。

ちなみに、センリちゃんはクラブとか夜遊びとか苦手な子で、長い付き合いなのに今まで一度もダンスショーに呼んだことが無く、伊丹だったら甲子園から近いし(センリちゃんは今も地元に滞在)、椅子に座っての観覧スタイルだしって事でお初でご招待しました。

残念ながら、撮影一切禁止のイベントなので、踊ってる写真は一枚もないので、記念撮影の写真しかUP出来ず…(泣。まぁここのスタジオでカメラマンが撮影した写真を教室内で販売するみたいだから、それを購入てまた近いうちにアップ予定。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

私たちのトライバルスタイルは、まだまだ日本では浸透してないので、100名以上の派手な格好した出演者達の中でも異色だったので、かなり珍しがられた(笑。一応、トライバルってベリーダンスの一派なのですヨ。

頭にお花とか飾り立ててるのに、顔はかなり悪魔風なドぎついいメイク。一応、物語風にショーが展開されるんだけど、私たちは「森に住む踊りの妖怪」だった(笑。

☆彡  ★彡  ☆彡  ★彡

しかし、ボカシ入れててもドぎつさが垣間見えるなぁ(笑。出来れば、ボカシなしでお見せしたいところなんだけどネ〜。まさに「蝋人形の館」状態…。女の子にはウケるだろうけど、これは男ウケはしないだろうなぁ〜。
| MUZIK&D@NCE | 14:44 | comments(8) | - | - |
  |  1/6  |  >>